2011年3月の配信履歴

3月2日

1:20頃~4:25頃 ショウグン配信
ショウグンchにて LAL幕末編100人斬り配信

22:00頃~23:40頃 ロウ配信
ロウchにて
久々の単発配信。XBoxのHardCorpsUprisingで遊ぶ。開始OPのBGMで視聴者歓喜。横スクロールのアクションゲームだが、実際に遊んでみると最大ライフ値が極端に少なかったりで軽いオワタ式状態に。ようやく最初のボス「鋼竹」と対戦するが、最初にしてはなかなかの強さで苦戦。ようやく倒したと思ったら今度は鋼竹の中にいた敵がボスとなって対戦。何度も苦戦しようやく倒してクリア...と思ったらヘリコプターに飛び込めず転落死。また鋼竹戦からやり直しに。 ロウ「心折れていいか...こんなひどいゲームは久しぶりだ」 視「不屈のHARDCORPS」

3月3日

21:06頃 動画:LIVE A LIVE  リレー実況 Part35.5 【場繋ぎ編】 投稿

3月8日

21:56頃 動画:LIVE A LIVE  リレー実況 Part36 【最終編】 投稿

3月9日

21:00頃~10日1:50頃 アクエリロウショウグン焼酎うめぇ妹ちゃんユニ配信
アクエリch、ロウch、ショウグンch、亮chにて よしみランド建設配信
よしみメンバー内でえらい勢いで流行っているマインクラフト。ついには「虫」系が苦手な亮もマインクラフトを購入。
途中でアクエリが飲み物厨の収録のため一旦抜けるが、その間ロウたちは焼酎うめぇと共謀してユニを捕まえたり、地下に大量のTNTを仕掛けるなど悪戯に走る。収録を終えて帰ってきたアクエリは(多少疑いつつ)ロウの指示通りに足元の黒曜石を破壊。するとアクエリは、ほかの参加者に見守られながら地下に転落し設置されていた10個のTNTが発動して見事大爆発。しかし一緒にいたはずの焼酎の姿がない。よく見たら焼酎も転落して爆死していたのだった。その後文句言いながら爆発でできた穴を埋めるロウやアクエリ達。焼「争いは何も生み出さない」 ア「俺が魔王になるわぁ...」 さらにはこれが原因だったのか、農場にボマーが現れ被害が。矛先はロウに向けられ、ロ「ユニっちどこだ?」「(妹ちゃんを)燃やすか...」 さらには焼酎を燃やそうとするロウ。さつばつストリーミングへ一歩近づいてしまった。
アーカイブはこちら その2その3アクエリ爆死の様子

3月21日

20:00頃~21:00頃 ザンギエフ配信
ロウヒロchにて ザンギエフの「ラジオ・モスクワ」#1
ロシア在住のザンギエフがロウヒロchを借りてラジオ配信。何故か日本に詳しいザンギエフが自慢話をする配信になり、視聴者が飽き始める。そこにブランカ・ガイル・本多名乗る人物がチャットに現われ一同驚愕。

3月22日

21:00頃~23:30頃 ロウ朝日奈あや配信
ロウヒロchにて FF9フルボイスwith朝日奈あや 一回目
 主人公は前回と同様に「アクエリ」。今回のアクエリは盗賊となり、とらわれの姫を誘拐する。アクエリ以外にも盗賊仲間が登場し「綾鷹」「リプトン」「マッチ」と勝手に飲み物厨メンバーを当てる。お城で開かれるミュージカルに潜入する中、小さい黒魔道士(「りょうくん」と命名)も祭を見ようとする。無事に場内に入り込み芝居を演じたアクエリとブランクは、熱演後ガーネット姫を捜索する。ついでに兵士からはぎ取った鎧も入手。鎧の中に入っていたジョリ虫を踏みつぶす綾鷹(ブランク)。ジョ「映ってはりますぅ~?、ブチ...(踏みつぶされた音)」
 城では王女と化したピクシー(ブラネ王女)とガーネット姫が芝居を観覧。一方の盗賊厨は巡回兵の目を盗み姫を捜す中、場内で白いフードをかぶった少女を見つけるアクエリ。早速ナンパに走る。
ア「オレがずっと待っていたのは、君のことじゃないかなぁ、と思ってね」
しかしマジレスされて失敗。ガーネット姫を取り逃す。
ピクシーに姫脱走の情報が伝わり、某銭形に似ているショウグンにも捜索を命じられるが、肝心の手下(プルート隊)達が無能(しかもチャラい)。結局ショウグンだけ捜索し、ついに発見。三人そろってロープアクションするが、ショウグンは見事壁に激突。劇場艇の奥で追い詰めたアクエリに、まさかの展開が。
 姫「いますぐ、わたくしを誘拐して下さらないかしら?」
 ア「それでは、王女様、今から私めが、あなた様を誘拐させていただきます!」
 アクエリがリア充&チャラエリになった瞬間である。が、直後にショウグンに見つかりボコられそうになるが、逆にボコる上、アクエリ、姫そろって舞台に乱入。アドリブで舞台を演じれなかった腹いせ?に再びケンカを売るショウグン&プルート隊。時々ガーネットのあれが見える度に、あ「谷間!谷間!」
 ガーネットとショウグンを引き連れ城から脱出するが、ボムの攻撃で飛空挺は魔の森に墜落。脱出した直後、ガーネットは魔物に捕まってしまう。アクエリの怒りが頂点に達しトランス状態になり、裏技を駆使するアクエリ。しかし落ち着いたようで、トランス解除になったアクエリ ア「ふぅ...」 結局ガーネットを取り返すことは出来ず、りょうくん・ショウグンにも被害が及ぶ。飛空挺に戻って二人を休ませた後、ガーネットを救出すべく、バグーとパンツレスリングに挑むアクエリ。パンツを盗んだあと、人形遊びをしていたショウグンを引き連れて、りょうくんも連れ出す。弱気&卑屈王なりょうくんに対し、ショウグンが魔法能力をベタ褒めしたお陰で連れ出し成功。ヤキモチを抱いたブランクに対し究極の迷言を発するアクエリ。
ア「ホレ薬なんてオレには必要ねぇよ。これ以上モテちゃったら困るだろう?」 ア(本物)「ドヤァ...」
外にいた「久保さん」にセーブして第一話は終了。

アーカイブはこちら その1その2

3月25日

18:00頃~18:55頃 ???配信
ロウヒロchにて 「さんを付けろネギ野郎」配信
この日、新PCが届くことからテスト配信を予定していたロウ。が、届いたのはディスプレイ以外。結果、違う配信をすることに。出てきたのはロウではなく、コロ助を名乗る謎の人物だった。

3月27日

20:30頃~21:55頃 ロウ配信
ロウヒロchにて 高画質配信負荷テスト
ようやく新PCが到着し、高画質で配信出来る準備が整ったので実際にテスト。デモンズソウルのマリーが綺麗に映る(綺麗すぎて軽くホラー)。
※断続的に配信を切ったのでアーカイブはほとんど残っていません。最後の部分はこちら

22:00頃~24:10頃 配信
亮chにて 14人のアクエリ達が世界を救うFF6配信
登場人物を「アクエリ1」「アクエリ2」・・・と全てアクエリにする。宝箱とか箱とか樽とか調べない縛りプレイに。
アーカイブはこちら その1その2

3月28日

22:00頃~29日 2:05頃 ショウグン配信
ショウグンchにて 雑談配信
4月から忙しくなるショウグンが雑談。

3月30日

22:30頃~24:15頃 配信
前回同様、登場人物を全てアクエリにするが、感慨にふかるあまり一部キャラをデフォルトのまま決定してしまうミスをしてしまう。前セーブした地点までもどってやり直す。最終的にアクエリは8号まで登場した。


3月31日

21:00頃~1日 3:10頃 ショウグン配信
ショウグンchにて 「アドリブラジオ配信~シーズン2~」「珍道中!!ポールの大冒険配信」「実は初めての雑談配信」の三本立て

  • アドリブラジオ配信~シーズン2~
 あの悲劇は繰り返されるのだった。

 ムーンライト☆ラジオ MC:スーパーヴィジュアル系バンド「赤き翼」のベーシスト「ルシュフェル」
所々あやふやな所が多く、台本なしで番組?は進行する。

1.子猫たちからの手紙を読み給う のコーナー
趣旨:視聴者の子猫ちゃん達からのちり紙の言霊を読み給う

ルシュフェルネーム:オーガストの悪魔
「ルシュフェル殿、こんばんわ。
僕は、吾輩はやはり納豆が好きなのですが、あの納豆のねばねばは果たして一体どうやって粘っているのか、ルシュフェル殿、教えて給うぞ。」
→ジャパニーズの陰湿な妬みやらなんやらをまるでパンドラの箱のように詰合せているから粘っている。ジャパニーズどもはネチネチしてやがるぜ。でも、ジャパニーズにいる子猫ちゃん達は愛してるよ、フー♪

ルシュフェルネーム:私の恋はホチキス
「ルシュフェル殿、毎晩愛しゅうございます。
うちは最近、数字でいうと7が好きなのですが、ルシュフェル殿はどういった数字が好きで給うか?」
→0が好き。0はすべてをなしていると、僕は思うんだよ。でも一番好きなのは、視聴者たち、君たちのことだけどね(ドヤッ)。

2.真剣ルシュフェルしゃべり場 のコーナー ゲスト:コウダグンミ
ルシュフェルネーム:秘密
「どうも、ルシュフェルさん、こんばんわ。
私は、会社で二回り上の上司が好きです。しかしその上司には家庭があります。一体どうしたらいいのでしょうか。教えてください。」
→やるだけ。引き返せないとこまで行ったらいい。奥さんとかどうでもええ。女子はイノシシ、突き進め!」
視聴者の子猫ちゃんのほうが好きだよ、愛してる。ラビュー...ラビュー...

ル「堕天使たちが夢の跡も....堕天使たちが集う酒場.....堕天使たちが集まる酒場は夢のあと....堕天使たち?....堕天使たちが集う酒場の夢のあと...ラジオ」 ついに番組名まで忘れてしまったせいか、そんな「堕天使ラジオ」は、なんと今回で最終回。
来週は「シモダカゲキの歌舞いて候」がスタートする告知をして、ルシュフェルの「今夜は山だ」は終了。

  • 珍道中!!ポールの大冒険配信
ショウグンが復帰。Wii Wareで配信している「珍道中!!ポールの大冒険」で遊ぶ。
レトロ臭がするアクションゲーム...しかしオプションには「ツッコミ」の項目が。開始したら残機のほかに「NETA」という謎のカウント数。色々とマリオ臭がする中、練習ステージを終えて本番開始。と、リンゴを取ろうとしたら固い...そして現れた謎のツッコミ。一同唖然。つまりNETAとはゲームにある小ネタの数だったのだ。色々と「うるさい」ゲームに対し徐々に口数が少なくなっていくショウグン。ネタも天丼臭がプンプンしはじめ、フルボイスも棒読み調に。だが、最後に入ってまさかの逆ワープに遭遇。しかしセーブデータを使ってリカバーしクリア。

その後、今回の反省会や配信実施の理由(しばらく忙しくなるため)やら雑談しながら、4/1を迎えた。視聴者からあの「エイプリルフール企画」実行を知らされ、実際に見るショウグンだった。

  • 最終更新:2012-02-02 15:44:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード